シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

マフムード・カシュガリーの墓




                            カシュガル郊外


                       マフムード・カシュガリーの墓




c0164345_2053593.jpg


       マフムードカシュガリーの像





 マフムード・カシュガリーはカシュガル出身で、バグダードに赴き、アラビア語・テュルク語辞典、『ディーワーン・ルガート・アッ=テュルク』を著した知識人として有名な人物です。カシュガル郊外のオパルと言うオアシスの集落で余生を過ごし亡くなったようです。



  丘の斜面を登っていくと…、

c0164345_20541185.jpg

         

                      装飾されたゲートのようなものがあります。

                      


  その先にある建物の中には、

c0164345_20542850.jpg

                     マフムード・カシュガリーの肖像画がありました。




  さらにその奥に、

c0164345_20544151.jpg


                          棺を模したようなものがあります。



  この場所にはノートがあり、たくさんの署名がありました。どうやら多くの人が彼のことを知っているようで、郊外の割には、以前紹介したユスフ・ハッス・ハージブのマザールより多くの人がやってきていました。


 外に出てみると、
c0164345_20554611.jpg

c0164345_2055142.jpg
c0164345_20553121.jpg


                  このように広々とした墓地になっています。雄大な風景です。



  さて、そこから離れてみると…、

c0164345_20562512.jpg


                        マフムード・カシュガリーのマザール


  先ほどのマザールです。古くからあるようですが、このマザールは実際には最近まで誰のものか良くわかっていなかったらしいです。近年になってマフムード・カシュガリーのものではないかと言われたのだとか。まぁ、マザールはたくさんありますからね。



  また横に目をやると…、

c0164345_20564187.jpg

 
                            無名のマザール


  これはまた誰かのマザールのようですね。誰とは書いてありませんでしたが。日本の田舎などでも昔の名のある領主の墓などが少し大きめなものとなって残っていたりするのでそういったものなのかもしれませんね。



  マフムード・カシュガリーのマザールでは、その人物像を模索するだけでなく、その土地の風景や、中央アジアの郊外の墓場の雰囲気を楽しむことができました。
[PR]
# by alphalpha0118 | 2010-12-27 22:45 | カシュガルのマザール

ユスフ・ハッス・ハージブのマザール







                           カシュガル郊外


                      ユスフ・ハッス・ハージブのマザール





  カラ・ハン朝(9世紀中頃 - 1211年)時代のカシュガルの宮廷につかえた侍従、ユスフ・ハッス・ハージブのマザールが郊外にあるというのでやってきました。


c0164345_23175442.jpg



  建物が新しいようですね。どうやら近年移築されたもののようです。原因は本来あった場所がカシュガルの旧市街の北側に位置するトゥマン河の近くで氾濫を避けて現在の旧市街から南に離れた場所に移されたと言われています。





c0164345_0101079.jpg

                        マザールの中の通路

c0164345_0102470.jpg

                     ユスフ・ハッス・ハージブの肖像画





  ユスフ・ハッス・ハージブはモンゴル帝国時代に衰退し、今は亡き都市、ベラサグン出身で、カシュガルへ赴いて、宮廷につかえた知識人で、『クタドゥグ・ビリグ(幸福に関する知識)』という韻文形式で君主のためのあるべき姿や品行を説いた教訓、道徳の書を著した人物のようです。現キルギス共和国の1000ソム紙幣に印刷されているようで、トルコ系の民族に愛されている人物ようです。




 マザールの中には、

 
c0164345_23482444.jpg
  

                      棺を現したものが置かれています。




 
  上を見上げると、

c0164345_23511719.jpg

 
 ドームの天井が見えます。ドームを囲むように設けられたの窓から光が差し込みます。




  実はこのマザールは現段階ではユスフ・ハッス・ハージブのマザールということになっていますが、実際は定かではないようです。なんせ中央アジアには多くの偉人のマザールがあり、誰のものかわからないマザールも多く存在します。もしかするとユスフ・ハッス・ハージブ以外の、誰か他の人物のものではないかとも言われているようです。



  最後に、

c0164345_23581782.jpg

                      マザールの傍の庭園で




 マザールの周りにはこのようなきれいな庭園が設備されていました。もしこのマザールがユスフ・ハッス・ハージブのものかは定かではなくても、トルコ系の人々によって彼が賢人として湛えられている様子はこの美しい庭を見れば明らかです♪









 
[PR]
# by alphalpha0118 | 2010-12-26 00:12 | カシュガルのマザール

カシュガルの人々







                              カシュガル

                            カシュガルの人々





  カシュガルの魅力を今までいくつも伝えてきたつもりですが、カシュガルの魅力は何と言っても人々の暮らしにあると思います。





c0164345_2274152.jpg



                             丘の上のモスク


  
          丘の上に造られたカシュガルの街は表通りも裏通りもいたるところに人々がいます。









c0164345_2281182.jpg


                               少女たち




          




c0164345_2283471.jpg



                               幼い母親





c0164345_22104525.jpg



                            路地で遊ぶ子供たち




c0164345_22111331.jpg


                          民族衣装を着た少年                            






c0164345_22113675.jpg


                          窓の向こうのお針子たち







c0164345_22115684.jpg

柳の冠で遊ぶ少女たち






c0164345_2212155.jpg
 
   
                          お手伝いをする兄弟





  子供たちの姿のほかにまた目立つのが味のある老人たちです。







c0164345_22123733.jpg


                              門の前の老女
                           





c0164345_22125485.jpg


                        鮮やかな木箱とビン底メガネの老人






c0164345_22132313.jpg

                              路地裏の老女








         カシュガルの旧市街いたるところでいろんな生活風景や人々の表情を窺えます。




  さて、最後に面白い光景を目にしました。



 

c0164345_22135353.jpg


                 どうやら何かを探しているようです。



c0164345_22141038.jpg


                   「よし、このナンを置いて…、」




c0164345_22142889.jpg

                      「さぁ、撮ってくれ!!」



       小粋なカシュガルのナン職人たちの貴重な姿をカメラに収めることができました。







  そんな古き良き風情の漂うカシュガルですが…、


c0164345_22144847.jpg



                          旧市街のすぐそばの団地




  近代化はすぐそこまで迫っています。この古き良きカシュガルの旧市街の人々の生活風景がいつまでも残って欲しいと思います。








# by alphalpha0118 | 2010-12-25 21:54 | カシュガル | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >
[PR]
# by alphalpha0118 | 2010-12-25 22:14 | カシュガル

カシュガルの家屋



                              カシュガル


                            カシュガルの家屋





さて、今までカシュガルの街並みを紹介してきましたが、カシュガルの家屋はと言うと、




c0164345_19542084.jpg



c0164345_19543138.jpg


                外から見ると、このように土で覆われた質素なものに見えますが…、








  カシュガルの旧市街の西南部を歩いていると、


c0164345_19544135.jpg


                          こんな趣のある通りを覗いたところに、








c0164345_19545657.jpg


                              こんな家が見えてきました。


         私が興味深そうにしていると、家の中の人が出てきて気前よく中へ通してくれました。



  外側から見ると質素な感じがしますが、中はこのようになっています。家の柱や窓が彫刻、壁面が煉瓦で、装飾されて随分豪華です。家の中庭部分には木々が青々しく生い茂っています。他人に肌を見せることを避けるムスリムの女性たちが思う存分日光浴ができる建築構造です。
 多くのウイグル家庭は“かかあ天下”であり、家の中は女性中心なのが事実です。この家の母屋への入り口正面には女性の家内作業に必要なミシンが置かれています。比較的裕福な家のようです。











      家の中庭に当たる部分から上を見上げると、



c0164345_19551345.jpg


  二階部分はこのようになっていました。独特の風情がありますね。階段の手すり部分が随分豪華です。






      二階部分に上がって下を見ると、



c0164345_19552423.jpg


   中庭が見えます。家の中に小さな子供が遊ぶのにちょうどよいスペースですね♪上から見ると中庭の風景もまた違って見えます。





     また1階部分に降りて違った方向に目をやると…、



c0164345_19553753.jpg

  
 どうやら半地下があるようです。テラスになっている部分に植木がたくさん置かれています。カシュガルの人々が植物とともに生活している様子が素敵です♪

 どうやら半地下2階建てという構造がカシュガルの家屋の典型的なスタイルのようです。居間は真ん中の1階部分にあり、一番過ごしやすい部分に位置しているようです。



 

  最後にこのお宅を出るときに見かけた一場面、



      
c0164345_19554730.jpg


                            階段に座る少女



  部屋に入る入口の階段は半地下があるため随分せりあがっています。でもこの階段の部分に腰がかけられるようになっていてとても風情がありますね。




  通りから覗きこむようにしないと、なかなか窺い知れないカシュガルの家屋で、わたしも全貌を見せていただいて、写真まで撮らせて頂いたのはこの家屋だけでした。とてもきれいな風情のあるお宅で、貴重な思い出です。気前よく、見ず知らずの外国人の私に家の中まで入れてくれたカシュガルの人々のホスピタリティ精神にも感謝の限りです♪
[PR]
# by alphalpha0118 | 2010-12-25 20:38 | カシュガル

丘の街カシュガル




                             カシュガル


                           丘の街カシュガル
   



 
  カシュガルは丘の傾斜に造られたまちで、その西北に位置する場所には泉がわいています。



c0164345_1984659.jpg

     この泉の存在が起源となり、カシュガルの街が成立したようです。





 この泉は今日でもカシュガルの人々の生活の一部で、
c0164345_199369.jpg
c0164345_1991981.jpg

   このように、洗い物をする人々の姿が見られます。




c0164345_1993393.jpg

                      このように洗濯物も干されています。




その一方で、
c0164345_19174593.jpg

  このように泉の傍で涼んでいる人もいます。日差しの強いカシュガルですが、このように泉に近い、木々の傍は涼しげな感じがします。







  このような泉から街の丘を見上げると、
c0164345_1995342.jpg

                  このように斜面に家が家屋が建てられているのが窺えます。








 また違う場所から眺めると、
c0164345_191058.jpg

                    このように、階段が丘の上へと組まれています。







  このように街が丘の斜面にあるので、
c0164345_1910307.jpg

                   生活排水が街の斜面を流れてくる様子がよく見られます。









  また、家屋はと言うと、
c0164345_19105675.jpg

          斜面に建っているため、平らな土地に建っている家屋とはやはり趣が違いますね。









  おや、こんな光景が見ることができました。
c0164345_1911710.jpg

               長い階段を登った場所で少女たちがなにやら話しているようです。






  丘を登って街を見下ろしてみると…、

c0164345_19112866.jpg


                      今度はまた違った景色です。



   丘の斜面に生活する人々の生活が垣間見えます。これも丘の街カシュガル独特の風景ですね。
[PR]
# by alphalpha0118 | 2010-12-25 19:42 | カシュガル

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31