シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:カシュガルのマザール( 4 )

タシュクルガンへ




                            タシュクルガン


                            タシュクルガンへ





  カシュガルから5、6時間ほど行くと中パ国境のまち、タシュクルガンに行きます。タシュクルガンはパミール高原に位置し、タジク族が多く住むまちです。

c0164345_022830.jpg

                              友達

  国境に行くためのパーミット申請が必要です。私はパスポートを持っていたので必要なかったのですが、ウイグルの友人たちは申請が必要でした。


  タシュクルガンに向かうと、
c0164345_02529.jpg


               どんどん海抜が上がっていきます。 空はとても澄んでいます。  





  違う方向を見ると、
c0164345_0328.jpg

                      こんな赤い岩肌の岸壁が見えてきました。







c0164345_0182452.jpg





c0164345_031511.jpg

                      海抜が高いので山に雲がかかっています。








どんどん進んでいくと、

c0164345_033130.jpg

   高原には珍しい砂漠です。湖の近くにありました。海抜が高い地域にはたまにこのような小さい範囲の砂丘のような場所が現れます。






  それを超えると、カシュガルから3時間ほど、ようやく見えてきました。
c0164345_035227.jpg
c0164345_04125.jpg

c0164345_04108.jpg

                             ムスタグとカラキョル


  ムスタグはウイグル語で氷山、標高7000メートルほどあると言います。カラキョルは黒い湖と言う意味で、海抜が3500メートルほどあります。真夏でしたがこれだけの標高だとかなり寒かったです。有名な観光名所です。


  
 それにしてもどこが“黒い湖”なのか、
c0164345_04234.jpg

c0164345_04336.jpg

                          とても美しいセルリアンブルーです。




           ここで言う、ウイグル語の“カラ”はどうやら何か別の意味が含まれてるようですね。






  そして、またタシュクルガンへ向かうわけですが、先ほど見たムスタグの側面を通り過ぎると、

c0164345_044399.jpg



  手前に山があり、比較の対象になってちょうどいいかもしれません。ムスタグの雄大さがよくわかりますね。さすが“世界の屋根”と呼ばれるパミール高原。とても満喫できました♪
[PR]
by alphalpha0118 | 2010-12-28 00:32 | カシュガルのマザール

サトゥク・ボグラ・ハンのマザール







                          カシュガルのマザール


                      サトゥク・ボグラ・ハンのマザール





 カシュガルから北へ30分ほど行ったところにアトシュというまちがあります。山に挟まれて土地が狭く、他のオアシス地域のように耕地が設けられないためか商人を多く輩出する街で有名です。現在でもここからキルギスタン行きのバスが出ていて、小さいながらも国際的なまちです。


             そのアトシュの郊外にマザールがあるというので行ってみました。

c0164345_238049.jpg

                       サトゥク・ボグラ・ハンのマザール



  サトゥク・ボグラ・ハンはカラハン朝の伝説の初代ハンの孫といわれ、サーマーン朝の影響を受けてイスラム教に改宗し、カシュガルからベラサグンにかけてのイスラム王国を築いたといわれる人物です。



 近くから見ると…、
c0164345_2381791.jpg

                     様々なタイルで装飾されていることが分かります。



  建物中には、
c0164345_2383834.jpg

                     他のマザールと同じように棺がありました。


  上を見上げると、
c0164345_2385455.jpg

             天井はドームになっています。大きな建物だけあって天井も高かったです。



 
 建物のの後ろに回ってみると、       
c0164345_2391367.jpg

                  
                         建物のかたちがよくわかります。




  少し横に目をやると、

c0164345_2392360.jpg

                      新しい感じの大きなモスクが見えました。


   
  

 また、傍には少し趣のある建物がありました。


c0164345_2393372.jpg


  この小さな建物がずっと気になっていたのですが、後で調べるとどうやらこの大きなマザールができる以前、こちらが長らくサトゥク・ボグラ・ハンのマザールだったようです。どうりで雰囲気があると思いました。やはり年季というのは消せないものなのでしょうね。
[PR]
by alphalpha0118 | 2010-12-27 23:55 | カシュガル郊外

マフムード・カシュガリーの墓




                            カシュガル郊外


                       マフムード・カシュガリーの墓




c0164345_2053593.jpg


       マフムードカシュガリーの像





 マフムード・カシュガリーはカシュガル出身で、バグダードに赴き、アラビア語・テュルク語辞典、『ディーワーン・ルガート・アッ=テュルク』を著した知識人として有名な人物です。カシュガル郊外のオパルと言うオアシスの集落で余生を過ごし亡くなったようです。



  丘の斜面を登っていくと…、

c0164345_20541185.jpg

         

                      装飾されたゲートのようなものがあります。

                      


  その先にある建物の中には、

c0164345_20542850.jpg

                     マフムード・カシュガリーの肖像画がありました。




  さらにその奥に、

c0164345_20544151.jpg


                          棺を模したようなものがあります。



  この場所にはノートがあり、たくさんの署名がありました。どうやら多くの人が彼のことを知っているようで、郊外の割には、以前紹介したユスフ・ハッス・ハージブのマザールより多くの人がやってきていました。


 外に出てみると、
c0164345_20554611.jpg

c0164345_2055142.jpg
c0164345_20553121.jpg


                  このように広々とした墓地になっています。雄大な風景です。



  さて、そこから離れてみると…、

c0164345_20562512.jpg


                        マフムード・カシュガリーのマザール


  先ほどのマザールです。古くからあるようですが、このマザールは実際には最近まで誰のものか良くわかっていなかったらしいです。近年になってマフムード・カシュガリーのものではないかと言われたのだとか。まぁ、マザールはたくさんありますからね。



  また横に目をやると…、

c0164345_20564187.jpg

 
                            無名のマザール


  これはまた誰かのマザールのようですね。誰とは書いてありませんでしたが。日本の田舎などでも昔の名のある領主の墓などが少し大きめなものとなって残っていたりするのでそういったものなのかもしれませんね。



  マフムード・カシュガリーのマザールでは、その人物像を模索するだけでなく、その土地の風景や、中央アジアの郊外の墓場の雰囲気を楽しむことができました。
[PR]
by alphalpha0118 | 2010-12-27 22:45 | カシュガルのマザール

ユスフ・ハッス・ハージブのマザール







                           カシュガル郊外


                      ユスフ・ハッス・ハージブのマザール





  カラ・ハン朝(9世紀中頃 - 1211年)時代のカシュガルの宮廷につかえた侍従、ユスフ・ハッス・ハージブのマザールが郊外にあるというのでやってきました。


c0164345_23175442.jpg



  建物が新しいようですね。どうやら近年移築されたもののようです。原因は本来あった場所がカシュガルの旧市街の北側に位置するトゥマン河の近くで氾濫を避けて現在の旧市街から南に離れた場所に移されたと言われています。





c0164345_0101079.jpg

                        マザールの中の通路

c0164345_0102470.jpg

                     ユスフ・ハッス・ハージブの肖像画





  ユスフ・ハッス・ハージブはモンゴル帝国時代に衰退し、今は亡き都市、ベラサグン出身で、カシュガルへ赴いて、宮廷につかえた知識人で、『クタドゥグ・ビリグ(幸福に関する知識)』という韻文形式で君主のためのあるべき姿や品行を説いた教訓、道徳の書を著した人物のようです。現キルギス共和国の1000ソム紙幣に印刷されているようで、トルコ系の民族に愛されている人物ようです。




 マザールの中には、

 
c0164345_23482444.jpg
  

                      棺を現したものが置かれています。




 
  上を見上げると、

c0164345_23511719.jpg

 
 ドームの天井が見えます。ドームを囲むように設けられたの窓から光が差し込みます。




  実はこのマザールは現段階ではユスフ・ハッス・ハージブのマザールということになっていますが、実際は定かではないようです。なんせ中央アジアには多くの偉人のマザールがあり、誰のものかわからないマザールも多く存在します。もしかするとユスフ・ハッス・ハージブ以外の、誰か他の人物のものではないかとも言われているようです。



  最後に、

c0164345_23581782.jpg

                      マザールの傍の庭園で




 マザールの周りにはこのようなきれいな庭園が設備されていました。もしこのマザールがユスフ・ハッス・ハージブのものかは定かではなくても、トルコ系の人々によって彼が賢人として湛えられている様子はこの美しい庭を見れば明らかです♪









 
[PR]
by alphalpha0118 | 2010-12-26 00:12 | カシュガルのマザール

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31