シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ノルズ祭(春の祝い)( 3 )

キョク・マシラップ



                           コムル

                        キョク・マシラップ





  さてさて、いよいよ私がこのノルズ祭に来た最大の目的、キョク・マシラップという春の到来を祝う踊りが始まるようです。

  
c0164345_21211749.jpg


  とても華やかな衣装を身につけたコムルのご婦人方が楽隊の後方に勢ぞろいです。スタンバイOKのようです。




c0164345_21235316.jpg

静かに、静粛な雰囲気のなか、音楽が奏でられ、最年長と思われる女性が静かに踊り始めました。




                   それに続けとばかりに、

c0164345_21515248.jpg

   二人目が踊りはじめ、

 
c0164345_21261516.jpg

                     三人、四人と増え、

 
c0164345_21265341.jpg

                 どんどん大人数になっていきます。




 コムルの女性たちが次々踊りはじめます。音楽もどんどんアップテンポなものになっていきました。このように春の到来を踊ることで表現する、そんな集団の演舞こそがキョクマシラップのようです。
 
 “キョク”とはウイグル語で青という意味で、マシラップは集団演舞を表わしますが、日本語と同じで緑という意味も含んでいるのか、青々しい木々や草が生い茂る春をイメージする色のようなので、青の集団演舞、キョク・マシラップと呼ばれるようです。





 しばらく、そんな静粛な音楽が流れていたのですが、最後はトルファンの踊り、ナズェルカムが流れ始めました。ナズェルカムはトルファンの踊りなのですが、動物の動きを真似したりするユニークな踊りで、その場の雰囲気を盛り上げる踊りなので、催しの際にプログラムの最後に用いられることが多いです。


  ナズェルカムの音楽が楽隊によって奏でられはじめ、

c0164345_21511532.jpg

       どんどんダイナミックな踊りになっていきます。飛び跳ねて、

c0164345_21405920.jpg

                   相手の背中をくぐりぬけ、 

c0164345_21412547.jpg

                 挨拶をしてダンスを終えます。


  パチパチパチパチ、観客一同拍手喝采!ノルズの催しは大成功に終わりました。






  その後踊り子や観客に出されたのはこのノルズ祭に重要なもの、
c0164345_21572066.jpg

                  7種の材料から出来たお粥です。

 
 以前にも言いましたが、このノルズ祭では皆で持ち寄った7種(小麦・大麦・米・そば・肉・ミルク・水など)の材料から雑炊をつくり、皆で食べることでノルズを楽しさを共有するのだそうです。

 このお粥を皆で食べることで春が来た喜びを分かち合うのでしょうが…、正直おいしいとは言いにくいものでした。テーブルの真ん中にはお祝いのときによく出る料理、ポロ(人参の炊き込みご飯)も置いてあります。
       





 腹ごしらえをして外に出て見ると、

c0164345_21414553.jpg

             コムルのご婦人たちが涼んでいました。



  この衣装、チョン・キョイネッキ(大きな服の意味)と呼ばれ、コムル独特のもので、チャイナ服の原型となる満州族の民族衣装、旗包(チーパオ)に良く似ています。
 このような、ウイグルと満州族、もしくわモンゴル族の文化が融合したような衣装もこのコムルのウイグル文化を代表するものの一つですね。






  何の当てもなく、コムルに来てから6日後、本来このコムルで探したかったものをすべて見つけることができ、またそれ以上にいろんな発見がありました。特にコムルでもこの季節にしか見られないノルズの催しを見られたことは貴重な経験でした。
 でも何よりも私がここまで探し求めていたものに出会えたのはコムルの人々が見知らぬ私に手を差し伸べてくれたからです。本当にありがとうございました。
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-02-11 22:19 | ノルズ祭(春の祝い)

ノルズ・バイリミィ





                         コムル


                       ノルズバイリミィ





  先日、コムルの学校でのノルズの催しの様子をお伝えしましたが、今回はその翌日に郊外で行われたテレビで流す分のノルズの様子を見ることが出来たのでその様子をお伝えします。


  ある年の3月21日、ホームステイ先のおばあさんの案内で、郊外のノルズが催される会場へ向かいます。


  
c0164345_6222789.jpg

                   ワゴン車で郊外へ行くこと2,30分

郊外にある小さな会場に着きました。




 中に入ってみると、
  
c0164345_6255030.jpg

 今にも始まらんばかりです。大勢の人が楽器を手にしスタンバイしています。これだけ楽器演奏者が揃うと、その場はとても張りつめた雰囲気に思えました。背景に「アルマン」と大きく書いてありますが、これはこのシルクロードで展開しているスーパーの名前で、どうやらアルマンスーパーの出資で催されてるようです。



さぁ、そうこうしているうちにはじまりました。
 
c0164345_6262570.jpg

  コムルの地元の人のようです。普段着よりちょっとおめかしして、男性は歌い、夫人が踊ります。



c0164345_6273394.jpg

                       観客の様子


  コムルの刺繍の入った帽子を被ったコムルの男性たち。ここはコムルなんだなと実感します。

  
c0164345_63831100.jpg

   司会者が出て来ました。このノルズの司会者ですが、どうやらウルムチからやってきた人たちのようです。ずっとカメラが回っていたことを考えると、XJTV-2(新疆テレビ局、第2放送のウイグル語チャンネル)で流されていたようですね。


c0164345_6325255.jpg

                     さらに楽曲が続きます。



c0164345_6344620.jpg

c0164345_6341926.jpg

                      子どもたちの踊り


  このノルズの出演者はほとんど老人ばかりだった中、彼女たちの出演はとても場の雰囲気を和ませてくれたと思います。この日のために一生懸命練習していたようです。



c0164345_6301955.jpg

                       再び観客の様子

  おやっ、会場がざわついて来ました。どうやら今日のトリが来たようです。



  ですが、その様子はまた次にします♪




                          つづく
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-02-11 07:19 | ノルズ祭(春の祝い)

学校での催し





                          コムル


                         ノルズ祭


                       



  太陽暦の3月21日、春分の日、昼の長さと夜の長さが等しくなるこの日、シルクロードでは春の訪れを祝う“ノルズ祭”が行われます。

 ノルズ祭りは本来ペルシャ人が春の到来、新年を祝うもので、中央アジア一帯で祝われている祭りのようです。イスラムの伝播以前は中央アジアで最も祝われていた祭りのようですが、近年に至ってはあまり広く祝われるものではありません。

 シルクロードでも一部の地域では今も行われているようです。私はウイグル族の住む地域でノルズ祭が一番賑やかに祝われると思われる、イスラムの伝播が最も遅かった地域、コムルでその様子を見ることができました。


 今では学校の行事の一環となっているようで、今回はその様子をレポートしたいと思います。




 
                        学校での催し




 コムルのまちに潜入すること5日。ウルムチで何の情報も得られなかった私はノルズが行われる3月21日の6日前にノルズについて、地元住民に聞き込みを始めたところホームステイ先の老夫婦の隣人の子供たちが通っている中学校で3月20日にノルズ祭の催しが行われるというので行ってみることにした。


c0164345_755290.jpg

                    はじまり、はじまり~♪


  先生たちがノルズ祭の始まりを告げます。ノルズ祭ではみな民族のお祝い用の衣装を身につけ、ひとつの場所に集うそうです。本来は外の景色の良い場所で催すもののようです。




c0164345_762140.jpg

           まずはじめはノルズを讃える詩歌を歌います。


  

c0164345_765433.jpg

    次に楽器演奏者たちは、音楽に合わせて演奏し、歌を歌い、踊りを踊ります。


c0164345_7314491.jpg

    ウイグル族の学生がこの日のために練習してきた踊りを踊ります。




c0164345_774625.jpg

                  手品ショーまでありました。

 
  本来ここで、男たちの綱渡りや夫人らのブランコ漕ぎなどがあり、最も盛り上がる場になるようですが、室内ではそれは難しいので、このような控え目な出し物になってしまいます。



c0164345_781773.jpg

            学生たちは一生懸命叙事詩などを朗読しています。



c0164345_784711.jpg

            最後はみんなで踊り、再びその場を盛り上げます。



c0164345_791027.jpg

               植物の苗をもち五穀豊穣を祈ります。 


  生徒会長と言った感じの二人が植物の苗を持っています。最後に彼らは、先生たちの引率で、列をつくり、花で飾られたノルズ・ナーマ(ノルズの書)を捧げもって、大きな声で一緒に読み唱えます。




  またこのノルズ祭では皆で持ち寄った7種(小麦・大麦・米・そば・肉・ミルク・水など)の材料から雑炊をつくり、皆で食べることでノルズを楽しさを共有するのだそうです。おそらく日本の春の七草と関係があると思われます。日本人は肉食が廃れたので“七草”になったと思われます。またこの“7”という数字はノルズ祭にとって重要な数字のようです。



       コムルの学校ではこのようににしてノルズ祭が行われていました♪

 

 
 
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-02-10 08:09 | ノルズ祭(春の祝い)

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30