シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

2009年 09月 25日 ( 3 )

国境付近




                   グルジャ


                   国境付近



グルジャから車で一時間弱、国境付近のコルガスのまちがあります。


c0164345_20582039.jpg

 
c0164345_20565935.jpg

 国境の向こうはカザフスタン。国境の向こうは平原が続きます。この周辺にはロシアやカザフスタンのお土産屋さんが並んでいました。そう言えばウルムチでもロシアのマトリオスカや漆器のスプーン等もお土産屋さんに並んでいます。どうやらここから流れてくるようです。




 国交付近のマザール(偉人の墓)に行きました。
c0164345_2059131.jpg

             林の中に建物が見えます。


c0164345_21311213.jpg

          青いタイルのマザールが見えてきました。



 いろんな角度から見てみます。
c0164345_2101330.jpg

c0164345_2102682.jpg
   
c0164345_2103895.jpg







c0164345_2111715.jpg

             トゥグルク・ティムール廟


 このマザールはチンギス・ハンの子孫のトゥグルク・ティムールの墓で、18歳の時にイスラム教徒となり、16万人のモンゴル人をイスラム教徒に改宗させた人物として称えられています。




 出口付近では、
c0164345_212257.jpg

 カザフ族の人々がいました。中央の少年がカザフの刺繍が入ったチョッキを着ています。



 最後に、
c0164345_2131614.jpg

c0164345_21131846.jpg

               恵遠古城


 清朝の時代に設けられたロシアに対する見張り台です。ロシアのシベリア征服によって清朝との間に境界線をはっきりさせようという意識が生まれた時代のものです。今日ではこの建物はこの地域の中国人にここが中国であるという自覚を持たせる存在でもあるようです。
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-09-25 22:03 | グルジャ

グルジャの窓辺





                   グルジャ


                  グルジャの窓辺




 
 グルジャの建築で目につくのは、
 
c0164345_16342926.jpg

               なんと言っても窓!


 タタール建築の窓がとても美しいです。またそこから覗く白いレースカーテンも清楚な感じがします。
 

 

c0164345_16181660.jpg

  こちらの窓は窓枠自体はニスを塗っただけですが、壁がきれいなセルリアンブルーで上品な感じがします。


c0164345_161927.jpg

                こちらはピンク色の窓。


               窓を閉めた状態もきれいです。
  


c0164345_16174587.jpg

               こちらはクリーム色の窓。



  鮮やかなブルーの塗装が多いグルジャですが、こちらはクリーム色。珍しい色ですがグルジャの上品なグルジャの個性は出ています。



c0164345_16201032.jpg

                ポプラの向うの窓


 生い茂る初夏のポプラの向うに、青い塗装の壁にオフホワイトの窓。とても絵になります。



c0164345_16205256.jpg

               新しい建築の窓辺



 最近建てられたものにはこのような塗装を施さない木の質感をそのまま残したものが多かったと思います。飾らず、木彫りだけで表現しようというのもまた大胆です。木彫りの技術の高さを感じます。



   このような木彫りは職人の手によってつくられます。
      
c0164345_16584420.jpg


  木彫り職人のいる小さな工場です。ウイグルの木彫り職人たちは10代で工場に弟子入りし、技を身につけます。シルクロードにはどこのまちにもこのような工場がありますが、町によってその細工や用途が異なります。



 最後に、
c0164345_16212482.jpg

              私が目にした中で一番美しい窓辺です。


       偶然にも鳩がとまっています。なんだかおとぎ話のような光景ですね。





 グルジャのまちではこのように美しい窓辺が私を迎えてくれました。こんなにきれいな街並みだとはガイドブックにも特に載ってなかったので驚きでした。ぜひ皆さんもグルジャに訪れたらその建築を楽しんでください。きっと美しい窓辺に出会えます。
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-09-25 17:05 | グルジャ

グルジャの人々




                  グルジャ


                 グルジャの人々


 旅の醍醐味といえば、やっぱり人との出会いですね♪


c0164345_23585240.jpg

             家の前に腰をかける人々

 グルジャの家の門の前にはこのように腰をかけられる場所が設けられ、近所の人が集まってたわいもない話をしているのをよく見かけました。





c0164345_235997.jpg

             周囲に集まってきた子供たち

 
 ウイグルの男の子たちにはサッカーのユニフォームを着ている子が多いです。ウイグルはトルコ系の民族だからかこの画像の右に立っている少年のような赤いトルコのユニフォームを着ている子もよく見かけます。




 ちょっと寄らせてもらったお宅で、
c0164345_23592959.jpg

               グルジャの少女


       色白の少女が鮮やかな青いグルジャの家屋によく映えます。



c0164345_042430.jpg

                道をゆく馬車


  このときグルジャの町では馬車を比較的多く見かけました。おじさん遠いながらもカメラ目線です。



c0164345_00291.jpg

                八百屋のおじさん


    「金取らないんだった撮ってもいいぞ!」っといってポーズを決めてくれました。


c0164345_005853.jpg

               八百屋のおじさんの友達


      先ほどの八百屋のおじさんのそんな様子を笑ってる友人二人です。




c0164345_01386.jpg

                遊具で遊ぶ子供たち



 グルジャには家の前に手作りの無造作な遊具があるのをよく目にしました。これも誰かが作ってくれた遊具なのでしょう。



  
c0164345_023190.jpg

                 頬笑む婦人  


  私の中のミセス・グルジャです。グルジャの雰囲気になじむ薄いスカイブルーのタイトなワンピースがよく似合っています。        




 
最後に私のお気に入りの場所、

c0164345_071273.jpg

              小川に沿う微妙なベンチ

 誰かのお手製のベンチなのでしょうか?あまり座り心地はよくなさそうです。でも趣があってとても好きです。いい味出してます。


 何をしてるのでしょうか?

c0164345_072981.jpg

               トランプです。

 
     みな仕事にあぶれているのでしょうか?昼間からトランプしてます。


c0164345_074547.jpg

               「くそ!負けた!」

        どうやら画像の左手のおじさんが負けたようです。



    人って言うのは古今東西暇なときは同じようなことをして過ごしてるんですねー。


 
   初夏の緑の美しいグルジャの町で人々はこのようにゆったりとした時間を過ごしているのです。
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-09-25 00:36 | グルジャ

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30