シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

2009年 02月 21日 ( 2 )

オアシスの緑




                         田舎町トクスン

                         オアシスの緑





  ある年の5月、ウルムチからバスで2時間ほどの平凡なオアシスの田舎町、トクスンに訪れました。トクスンは3,4キロ四方のオアシスのゆったりとした田舎町で、徒歩で十分回れます。今回はそんなトクスンの何気ないオアシスの風景を紹介します。




  トクスンのまちにある川につくと、


c0164345_1275761.jpg


涼しげな川のほとりにつきました。まさにオアシスの恵みを象徴するような緩やかな水の流れがあります。



 川の流れを辿って行くと、

c0164345_2195925.jpg


  何やら家畜のえさのようなものがかごに積まれて置かれています。この籠の後ろにある小さな戸はどうやら家畜小屋のようです。

 


  川の支流を辿ると、

c0164345_1284998.jpg

      
              こんな小さな川が流れていました。





  これらは脈々と流れていき、

c0164345_1292118.jpg

                    オアシスの畑を潤します。





c0164345_1294645.jpg

                     畑のそばのみち


  初夏を迎え青々としたポプラ並木の葉が風に揺れて、こすれる音がまた一層涼しさを感じさせます。




  また違う方向を見ると、

c0164345_1302431.jpg


     木々の合間から馬車が見えます。日本ではなかなか見ない風景ですね。どうやらこの画像では本来ここにあるはずの川が枯れているようです。






     
  さて、町の一番南のはずれに来ると、
                   

c0164345_1305388.jpg


  町のメインストリートの大きな1本道が南へ続いています。これより南には家1軒ありません。ここでは緑豊かな木々が道路の側面を並んでいますが、この道をずっと行くとおそらく砂利と砂だけの砂漠につながるのでしょう。





  今回は小さな田舎町のオアシスの全体的な姿がわかるように画像を並べてみました。水の流れとそれに従って生えていくオアシスの豊かな緑、その二つだけを今回のテーマにしてみました♪
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-02-21 02:14 | 田舎町トクスン

大量のカパク





                          ウルムチ

                         大量のカパク





  初夏の日差しが増すウルムチのまちのメインストリート、延安路から路地に入って歩いていると、




  
c0164345_0285748.jpg


  あれ、ウイグル語でカパク、瓢箪がアスファルトの窪みに溜まってます。おかしなことがあるもんです。






 さらに道を行くと、



c0164345_0292366.jpg


                  どわー!! 


                  何だこれは!?大量のカパクです!!






  ちょっと顔を上げて見ると、



 
c0164345_0333312.jpg


  「瓢箪なんか撮ってないで、おれたちを撮ってくれよ」と少年たちがせがんできました。「しょうがないなぁ、」と撮ったのがこれ。何かが服に引っかかってたのか、せっかく撮ってもらってるのに一人うつむいてしまってる少年の様子が可愛いです。





あ、彼らの後ろにありました!


c0164345_0361170.jpg


  どうやら犯人は薬屋さんのようです。販売用のカパクを道端で日干しにして乾燥させているようです。でも何も分からない外国人が瓢箪が大量に道に転がっているのを見ると、びっくりしますよね。




      今日は初夏にウルムチの町で出会える珍現象についてレポートしました♪
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-02-21 00:45 | ウルムチ

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー