シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

ホータンの家





                           ケリヤ

                       ケリヤの家屋 その1

 
          

   ホータン地区のなかでもケリヤの家は特徴があります。家は外から見るとこのような土で塗り固められた塀が主流です。

c0164345_1451360.jpg

 



  さて、中に入ってみると、

 
c0164345_1421645.jpg

   

 ここは比較的新しい家です。手前にはベッドが置いてあり、ウイグルの人々は天気のいい夏の日にはここでご飯を食べたり、腰をかけたりしてくつろぎます。乾燥した地域なので、蚊もいないので、夜はここで寝ることもあります。

 花を愛するウイグルの人々はこのような鮮やかな壁画を好むようです。農村の多くの家屋ではたいていこのような平屋を建てます。
  これらの平屋には3、4つ、大きな部屋があり、メインの居間以外は寝室や物置きとして使われます。



 家の中に入ると、

 
c0164345_14215210.jpg
      
c0164345_14222251.jpg
       
                  ケリヤの家屋の天井と明かり

  シルクロードにある家屋の天井にはこのような木彫りの装飾が施されている家も少なくありません。家によって主人のこだわりや、その地域の特有の彫り方がわかるほどです。明かりも可愛いですね♪



c0164345_14234062.jpg

                絨毯に座ってお茶をいただきました。



 カメラの性能もありますが、日差しの強い地域なので部屋の中は暗く、写真を撮ってもぼけてしまって見苦しい画像になってしまったのですが、雰囲気はわかってもらえると思います。

 ウイグルの家屋は日本の伝統的な家屋に良く似ています。距離的にうまく写せなかったのですが、家に入ってすぐ手前は土間になっていて、その奥は日本で言う座敷になっています。日本と違うのは座敷の上に絨毯が敷かれているところです。 




c0164345_14243830.jpg

 家の中にも鮮やかな壁画があります。床の上には布団がたたんであり、その上に座布団がきれいに置いてあります。



c0164345_14253237.jpg

                 窓の横にも家の外と同じ壁画





   また、部屋の奥には、

c0164345_14262498.jpg

                  



 このように“サンドック”日本で言うところの“ながもち”が置いてあります。サンドックの上には布団や座布団が見栄え良く並べられています。

 このサンドックはウイグルの嫁入り道具らしく、ウイグルのお嫁さんはこのなかに布団や服を入れて輿入れするようです。




 

 ウイグルの家屋はどこに行っても似たようなつくりですが、ホータンの家屋のような壁画は他の地域では見られず、とても美しいものです。 トルコ系の民族の“バグ(花園)”を愛する文化が良く表れていると思います。




  
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-01-24 17:52 | ケリヤ農村生活風景

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30