シルクロードの思い出

alphalpha.exblog.jp ブログトップ

ダルワザ 2





 
                   ピチャン


                  ダルワザ 2




 前回に続き、ピチャンの“ダルワザ”を巡ります。


  
c0164345_041159.jpg

             色合いのあっさりした門


 色鮮やかなもんが多い中あっさりとした色使いの門がありました。主人の好みなのかもしれませんね。


c0164345_042940.jpg

                おばさんと門


     知り合いのおばさんの門です。こちらも風景画の入った門です。


c0164345_044673.jpg

                 少女と門


 これは家の中にあるそれぞれの部屋に入る門です。キューブ型の柄を並べた奥行きを表現する模様があります。








 おや、道を歩いていると、
c0164345_05050.jpg

          少年たちが葡萄の葉を運んできました。


  葡萄の葉が多いと、葡萄の成長が悪くなるので間引きをするようです。このように間引いた葉は家に持ち帰られ家畜の餌になります。

c0164345_051437.jpg

                 兄弟と門

 少年たちの家の前です。門は今は塗装中のようです。はじめに薄く色が塗られています。これから濃い色が上から塗られていくと思われます。


c0164345_053238.jpg

              おばあちゃんたち


 この家のおばあちゃん達。兄弟のあとから家に帰ってきました。孫をおんぶして、兄弟の落した葡萄の葉を拾って持ち帰ってるようです。



       葡萄の産地であるトルファン地域のさりげない朝の風景に出会いました。



 また、興味深い門を目にしました。
c0164345_054969.jpg

       いろいろなモチーフをデザインした門ですが…、


c0164345_0624.jpg

   スイカにナイフが刺さってます。コミカルな絵柄ですがまた表現が豪快です。




  最後に、
c0164345_061516.jpg

                  少年と門   


 このとき私がダルワザの写真を撮っていると途中から私たちの動向をチェックしてきた少年です。怪しいと思われたのでしょうか?時間がたつにつれ、私たちを案内してくれ、いろいろ教えてくれましたが彼はずっと無愛想でした。

 最後に「その門の前に立って、一枚撮ってあげよう。」というと急に笑顔になり、このときの笑顔はその時だけのものでした。

 「じゃ、おまえら気をつけて帰れよ、」と言い残すと少年は去って行きました。旅のちょっとした思い出です。


  このときピチャンでダルワザの写真を撮るためにあちこちを回りましたが、そこにいる人間模様を含め、ダルワザごとに一つの物語がありました。とても心に残る旅になりました。












 
[PR]
by alphalpha0118 | 2009-09-23 04:47 | ピチャン

女の子の目から見たシルクロード


by alphalpha0118
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30